タント(LA600S)のワイパーの選び方。サイズと交換方法は?

タントカスタム

「タント(LA600S)のワイパーのサイズや交換方法は?」

ワイパーは消耗品で、寿命がきたら交換が必要です。

ここでは、ダイハツ・タント(LA600S)のワイパーのサイズと交換方法を紹介します。

タント

タントカスタム

タント(tanto)は、ダイハツの軽自動車です。

  • 初代タント(L350S/L360S型 2003年-2007年)
  • 2代目タント(L375S/L385S型 2007年-2013年)
  • 3代目タント(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)
  • 4代目タント(LA650S/LA660S型 2019年 – )

 
ここでは、ダイハツ・3代目タント(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)のワイパーについて書いています。

タント(LA600S)

3代目タント(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)
 
【タントの型式】

  • メーカー:ダイハツ
  • 車名:タント
  • 型式:LA600S型
  • 年式:2013年-2019年

タント(LA600S)のワイパーのサイズ

車の運転中に、雨が降ってきたら必ず必要になるワイパー。

ワイパーは、雨天の視界確保に必要なパーツです。

ワイパーは消耗品パーツで、拭き取りが悪くなったり、ビビリが発生したら交換が必要。

劣化が進むと、ゴムがちぎれて、キレイに拭き取れなくなります。
 

ワイパーを交換する時は、同じ形状で、同じ長さのワイパーを用意する必要があります。

ワイパーはブレードごとの交換とゴムのみの交換があります。

ワイパーには長さがあり、メジャーなどで測って確認できます。

ワイパーは、純正品や市販品メーカーのワイパーがあるので、車にあったワイパーを選びます。
 

実際にワイパーの長さを測定してみました。

運転席側の長さは480mmでした。

助手席側は450mmでした。
 

【タント(LA600S)のワイパーサイズ】

  • 運転席側:480mm
  • 助手席側:450mm

 
仕様変更等により、同グレードの車両でもワイパーの形状サイズが変更されている場合がありますので注意が必要です。
 

中古車は、社外品ワイパーブレードに変更している車もあるので注意してください。

新車から乗っている場合は問題ありませんが、中古車で購入した場合は、ワイパーが社外品に変わっていることもあります。

社外品ワイパーに交換している場合は、純正のゴムが使用できないため、購入時には注意してください。

不安な方は、ブレードごと交換してしまう方が確実かもしれません。

ワイパーブレードとゴム

ワイパーを交換するには、ゴムだけを交換する方法とブレードごと交換する方法があります。

  • ゴム交換:ブレードからゴムを抜いて、ゴムだけを交換。
  • ワイパーブレード交換:金属部分のブレードごと交換。

 
価格は、ブレードごと交換の方が高くなりますが、ブレードごと交換すれば、ワイパーゴムの抜き差しの必要がありません。

ブレードを外して付け替えるだけの簡単作業です。

ブレードは錆びたり、塗装が剥がれたり劣化するので、年数が経っている場合はブレードごと交換する方がいいです。

ゴムだけ交換する場合、過去にワイパーブレードを交換している場合は、ワイパーゴムが適合しない場合があります。

ゴム交換の場合は、ゴムの形状、ゴムの幅、長さの確認を行い購入してください。
 
よく分からない場合は、ブレードごと交換してしまった方が間違いないです。

ブレードごとはメーカーによっては475mmが適合サイズになっていることもあります。

ブレードごとでも価格が非常に安い商品もありますが、ビビリがあったりするものもあるので、性能と価格のバランスを確認した方がいいです。

タント(LA600S)のワイパーブレードの交換方法

ワイパーブレードは、工具なしで外せます。

ワイパーのフックのツメを押して解除しながら引き抜くと、ブレードを外すことができます。

ブレードの外し方は、コツが分かれば簡単です。
 
車はタント(LA600S)ではありませんが、ワイパーブレードの交換方法はこちらの動画を参考にしてください。

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

ワイパーには、いろいろなデザインがあります。

パーツ取付け、車いじり、DIY作業の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です