タントカスタム(LA600)ルームランプLED交換の作業方法!

ルームランプ

「タントカスタム(LA600)のルームランプはどうやって外すの?」

タントカスタムのフロントルームランプの取付作業について書いています。

フロントルームランプ

タントのフロントの上部に付いているルームランプ。

ルームミラーの上部付近についています↓

ルームランプ

フロントルームランプは、3つに分割され、電球は3個ついています。

今回は、左右部分の電球交換方法です。

 ※センター部分は交換方法が異なるので別記事で解説します。

 
ルームランプは、電球なので消耗品パーツです。寿命があるので切れたら交換する必要があります。

また、ドレスアップやより明るくしたい時には、社外品パーツに交換することもあります。

 

<ルームランプを交換する車>

タントカスタム

・メーカー:ダイハツ
・車名:タントカスタム
・型式:LA600型
・年式:2016年

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

 
<使用する工具>
・内装はがし(細いマイナスドライバー)

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

フロントルームランプの外し方

 
ランプのカバーを外すには、隙間に工具を差し込んで、パネルを浮かせる必要があります。

カバーを外す

隙間を利用してレンズカバーを外します。

カバーを外した状態

カバーを外した状態

中にはバルブがあります。

バルブを外します。

バルブを外します

電球は下に引き抜いて外します。
(点灯直後は熱いのでやけどに注意してください)

バルブ形状は T10です。

 
よく使われる形状の電球(バルブ)です。

このような形状のバルブ
電球形状

レンズカバーはこのような形状をしています。

レンズカバー

4つのでっぱりがあり、引っかかって固定されます。

 

カバーを外して電球を交換します。

ルームランプは、LEDタイプや明るさ調整できるタイプもあります。

 

【ルームランプバルブの取付け方法】

取付は逆の手順です。

電球を交換した場合は点灯確認をします。

ルームランプのカバーは、でっぱり部分と車両の穴をあわせてはめ込みます。

ルームランプのカバー

最終の点灯確認をして交換終了です。

 

交換方法の動画はこちら


動画は、ムーブですが基本的には同じです。

 
DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

タントのパーツの外し方まとめ
⇒ 【タントカスタムLA600】パーツの取り外しや交換方法

 

今回は、「タントカスタムのフロントルームランプの交換方法」を解説しました。
取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です