タントカスタム(LA600型)のフロントウインカーの交換方法!

ウインカー交換

「タントカスタム(LA600)のフロントウインカーはどうやって外すの?」

タントカスタムのフロントウインカーの取付作業について書いています。

フロントウインカー

フロントウインカー

ヘッドライト内の下部にあるのがフロントウインカーです。

オレンジ色のバルブがついているのがウインカー部分です。
 

方向指示器、ハザートとして使われ、電球なので消耗品パーツです。寿命があるので切れたら交換する必要があります。
 
今回は、タントカスタム(LA600系)のフロントウインカーの外し方を紹介します。
 

<フロントウインカーを外す車>

タントカスタム

・メーカー:ダイハツ
・車名:タントカスタム
・型式:LA600型
・年式:2016年

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

 
<使用する工具>
・特になし

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

フロントウインカーの外し方

 
タントカスタムのフロントウインカーは、工具を使用せずに外せます。
 
フロントウインカーを外すには、まず、ボンネットを開きます。

タントカスタムのエンジン

フロントウインカーはヘッドライトの左右にそれぞれ1つずつ付いています。

ヘッドライトの内側の下部にあり、後方にスペースがあるのでアクセスしやすいです。

ヘッドライト後方

ヘッドライト後方から見ると、グレーのカプラーがあります。このグレーのカプラーがウインカーのソケットです。
 
ソケットは回して外します。

ソケットを回す

手で持って、反時計方向に回します。少し硬めかもしれません。

ソケットを回して、引き抜きます。

外したバルブ

このように、バルブが取り出せます。

取り出したバルブ

取り出したバルブは、オレンジ色をしています。

形状はウエッジタイプです。

T20ピンチ部違い『12V21W』(WX3×16d)

バルブは、手で持って引っ張れば外せます。
 

外したあとのソケット部分。

ソケット部分

取付時には、切り欠きの位置をあわせて入れます。

 
【フロントウインカーの取り付け手順】
 
ウインカーの取り付けは、逆の手順です。

ソケットの口を合わせてはめ込みます。

しっかり入ったら、回してソケットを固定します。(時計方向に回して固定します)

点灯チェックをして確認します。

 
DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

タントのパーツの外し方まとめ
⇒ 【タントカスタムLA600】パーツの取り外しや交換方法

 

今回は、「タントカスタムのフロントウインカーの外し方」を解説しました。
取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です