タントカスタム(LA600)のAピラーを素手で外してみた【パーツ取付】

Aピラーを外す

「タントカスタム(LA600)のAピラーはどうやって外すの?」

タントカスタムのAピラー取付作業です。

Aピラー

 
タントカスタムの運転席、助手席にあるピラーをAピラーと言います。

Aピラー

Aピラーは、ナビゲーション、ETC、ドライブレコーダーなどのカーパーツを取り付ける際に外すことがあります。

パーツ取付の時に、Aピラー内に配線を隠すことが出来て、見た目がスッキリした取り付けができます。
 
今回は、「タントカスタムのAピラーの外し方」を紹介します。
 

<Aピラーを外す車>

タントカスタム
  • メーカー:ダイハツ
  • 車名:タントカスタム
  • 型式:LA600型
  • 年式:2016年

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

 
<使用する工具>
・特になし

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

Aピラーの外し方

タントカスタムのAピラーは工具を使用せずに外せます。
 

ドアのゴム部分を手で引っ張って外します。

ドアのゴム部分

Aピラーに手をかけて、手前に引っ張ります。

Aピラーに手をかける

ある程度力が必要です。怪我や破損に注意してください。

外れない時は、ピラーの隙間を覗き込んでクリップの位置を確認して内装はがしを差し込んで外してください。
 

上部のツメが外れたら、下部は引き上げるようにして外します。

ピラーをひきあげる

外したピラーのツメ

Aピラーのツメ

下側のツメはしっかりしていて、硬めです。

外したAピラーの内側

外したAピラー

白いクリップが4個所ほどあります。クリップの位置の所に力をかけて外すといいです。

 

Aピラーの取り付け手順

Aピラーの取り付け

取り付けは逆の手順です。

下部のツメを車両側に差し込みます。

Aピラーのクリップ部分を合わせて、車両にはめ込みます。

ドア周りのモールを戻します。

 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
 

タントのパーツの外し方まとめ
⇒ 【タントカスタムLA600】パーツの取り外しや交換方法

 
今回は、「タントカスタムのAピラーの外し方」を解説しました。
カーパーツ取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です