タントカスタム(LA600)のエアコンフイルター交換方法!【パーツの取付作業】

フィルター取り付け

「タントカスタム(LA600)のエアコンフイルターはどうやって交換するの?」

タントカスタムのエアコンフイルター取付作業です。

エアコンフイルター

 
タントカスタムのエアコンフィルターはグローブボックスの奥にあります。
(グローブボックスはダッシュバーとも言われます)

グローブボックス

グローブボックスには、車検証などを入れておくことが多く、収納に便利なボックスです。

そのグローブボックスの後ろ側には、エアコンフィルターがあります。

エアコンフィルターを交換する時は、グローブボックスを外します。
 
今回は、「タントカスタムのエアコンフイルターの交換方法」を紹介します。
 

<エアコンフイルターを交換する車>

タントカスタム
  • メーカー:ダイハツ
  • 車名:タントカスタム
  • 型式:LA600型
  • 年式:2016年

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

 
<使用する工具>
・特になし

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

エアコンフイルターの交換方法

 
タントカスタムのエアコンフイルターは工具を使用せずに外せます。
 
まず、グローブボックスを外します。

グローブボックスを開いた状態で、グローブボックスの端の部分を手でつかみます。内側に力をかけ、手前にグローブボックスを出します。

グローブボックスを手前に出す

グローブボックスは、左右2個所のフックがあります。下側はフックで挟まっているので、手前に引っ張って外します。

詳しい外し方はこちらの記事

グローブボックスの外し方

タントカスタム(LA600)のグローブボックスの外し方は?

2020年2月18日
 

グローブボックスを外した後の状態

奥のエアコンフィルター

グローブボックスの奥には、エアコンフィルターがあります。

この状態でエアコンフィルターの交換が可能になります。

少し上部にある黒いプラスチックのカバーを外します。

プラスチックのカバーを外す

カバーはつまんで、クリップを固定して外します。

その奥にあるのがエアコンフィルターです。

フィルターを手でつまんで外す

フィルターは手でつまんで外すことができます。

フィルターには、矢印が書かれていて、上下があるので向きに注意してください。

フィルターの向き

交換時には、裏向きにつけないように注意してください。

外したエアコンフィルター

外したフィルター

装着されていたエアコンフィルターは表面が黄色でした。
 
エアコンフィルターを交換します。
 
エアコンフィルターには色々な種類があります。

フィルター取り付け時には向きに注意して取り付けます。

 

エアコンフイルターの取り付け手順

エアコンフィルターの取付

取り付けは逆の手順です。

フィルターを挿入したら、カバーを止めます。

カバーを装着したら、グローブボックスを戻します。

 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

タントのパーツの外し方まとめ
⇒ 【タントカスタムLA600】パーツの取り外しや交換方法

 

今回は、「タントカスタムのエアコンフイルターの交換方法」を解説しました。
取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です