タントカスタムの「シフトノブ」の外し方。オーディオパネル外しなどの作業時に。

タントカスタムの「シフトノブ」の外し方

タントカスタムの「シフトノブは、どうやって外せばいいのだろう?」

タントカスタム(LA600S)のシフトノブを取り外したので、作業の流れを紹介します。
 

タントカスタムのシフトノブ

 

シフトノブは、車を走行させる時に使用するパーツです。

タントカスタムのシフトノブは、中央の運転席よりの位置についています。

シフトノブ

シフトノブは、通常は外すパーツではありませんが、タントカスタムはオーディオパネルを外す時に、シフトノブを外す必要があります。

 
こちらの記事では、DIY作業をする方に向けて、「タントカスタムのシフトノブの取り外し方・取付方法」を解説します。
 

<シフトノブを外す車>
・メーカー:ダイハツ 
・車名:タントカスタム
・型式:LA600型

タントカスタム

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

 

<使用する工具>
・内装はがし

作業時は、破損や怪我に注意してください。

 

タントカスタムのシフトノブの外し方

オーディオパネルを外すには、シフトノブを外す必要があります。

タントカスタムのシフトノブを外すには、いくつかの手順があるので解説していきます。

シフトノブを下げる

まず、パーキングブレーキをかけて、シフトノブをNに移動させます。

シフトの下部はパネルになっているので、外します。

シフトノブのカバー

内装はがしなどを使用して、ツメを解除して外します。

外したパーツ

シフトノブの下部のパーツ。

シフトノブ

シフトノブの下部には金属のパーツが付いていて、シフトノブを固定しています。

クリップを開いて外します。

クリップ

クリップは小さなパーツなので紛失に注意してください。

 
クリップを外したら、シフトノブを引き抜きます。

シフトノブとクリップ

外したシフトノブとクリップ。

外した状態

シフトノブを外した後の車両側の状態。

このような、流れでタントカスタムのシフトノブが取り外せます。取付は逆の手順で行います。
 

■ タントカスタムのシフトノブの取り外し動画はこちら

パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
パーツ取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

今回は、「タントカスタムのシフトノブの外し方」を解説しました。
取付時の参考になればと思います

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です