タントカスタム(LA600)のハイビームバルブの交換方法は?形状は?

バルブ交換

「タントカスタム(LA600)のハイビームバルブはどうやって外すの?」

タントカスタムのハイビームバルブの取付作業について書いています。

ハイビーム

フロントウインカー

ヘッドライト内の内側にあるのがハイビームです。夜間の前方を照らす時に役立ちます。
 
最近では、夜間のハイビームの使用を推奨しているので、ハイビームを使用することが多くなっています。
 
車のハイビームバルブは、電球なので消耗品パーツです。寿命があるので切れたら交換する必要があります。

また、ドレスアップやより明るくしたい時には、社外品パーツに交換することが可能です。
 
今回は、タントカスタム(LA600系)のハイビームの外し方を紹介します。
 

<ハイビームを交換する車>

タントカスタム

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

  • メーカー:ダイハツ
  • 車名:タントカスタム
  • 型式:LA600型
  • 年式:2016年
 
<使用する工具>
・特になし

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

ハイビームの外し方

 
タントカスタムのハイビームのバルブは、工具を使用せずに外せます。
 
フロントウインカーを外すには、まず、ボンネットを開きます。

タントカスタムのエンジン

ハイビームはヘッドライトの左右にそれぞれ1つずつ付いています。

ヘッドライトの内側にあり、後方にスペースがあるのでアクセスしやすいです。

ハイビームの後方

ヘッドライト後方から見ると、黒いカプラーがあります。
 

まずは、バルブソケットのカプラーを外します。

バルブのカプラー

外し方は、カプラーの黒いツメを押して、下に下げます。

外したカプラー

このようなカプラーで、押すときに少し力が入ります。

次に、ハイビームの電球を外します。電球はソケットを回して外します。

電球を回す

ソケットを手で持って、反時計方向に回します。少し硬めかもしれません。

ソケットを回して、バルブ部分に注意して引き抜きます。

バルブを引き抜く

このように、バルブが取り出せます。

外したバルブ

バルブの形状はHB3です。

ハイビームのバルブ形状 HB3 12V 60W

※バルブを交換して、新しいものを装着します。

 

外したあとのソケット部分。

外した後のソケット

取付時には、切り欠きの位置をあわせて入れます。

 
【ハイビームバルブの取り付け手順】
 
ハイビームバルブの取り付けは、逆の手順です。

取り付け

バルブをソケットの口を合わせてはめ込みます。

しっかり入ったら、回してソケットを固定します。(時計方向に回して固定します)

装着後

後ろから見ると、ONとOFFの矢印があります。外すときはOFFの方へ回します。
 
カプラーを接続し、最後に点灯チェックをして確認します。

 
DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

タントのパーツの外し方まとめ
⇒ 【タントカスタムLA600】パーツの取り外しや交換方法

 

今回は、「タントカスタムのハイビームバルブの交換方法」を解説しました。
取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です