バンパーとタイヤハウスカバーをとめるクリップの外し方は?

クリップの外し方

ダイハツ・ムーヴ(MOVE)の取付作業

ムーヴカスタム(LA100/110S)のバンパーのクリップの外し方を解説します。

バンパーのクリップ

バンパーのクリップ

フロントバンパーとタイヤハウスを止めているクリップです。

フロントバンパー交換時はもちろんですが、フォグランプやウインカーランプを交換する時にも外す必要があります。

DIY作業時やパーツなどを取り付ける際に外すことがあるかもしれません。

 
今回は、エンジンスタートスイッチパネルの外し方を紹介します。
 

バンパーのクリップの外し方

<ムーヴカスタム>

ムーブ

・メーカー:ダイハツ 
・車名:ムーヴカスタム MOVE CUSTOM
・型式:LA110・100系
・年式:平成23年

 
<使用する工具>
・マイナスドライバー
クリップリムーバー

※手が汚れるため手袋があるといいかもしれません。
 

バンパーのクリップの外し方

バンパーのクリップ

バンパーのクリップを外す手順。

外すには工具が必要になりますので、工具を用意する必要があります。
 

作業時は、ハンドルを切った方が作業スペースができるため、ハンドルを切った方が作業しやすくなります。

 
まず、クリップを外すには、クリップ先端部分を回す必要があります。

クリップの中央部分に太めの溝があるため、溝に大きめのマイナスドライバーなどを差し込み回します。
 

年数が経っていると、固着して回しにくいかもしれません。サイズのあったドライバーを使用します。
 
バンパーの側面のクリップを回します。

クリップを回す

ドライバーなどで、90度回転させます。
 

クリップを回したら、隙間を内装はがしなどでコジって外します。

クリップを外します

隙間を利用して、工具などを使用し先端部分のみ外します。

先端のクリップピン

先端のクリップが浮いてきたら、引っ張って外すことが出来ます。

 
外したクリップ

外したクリップ

クリップは先端が開いて固定されるようになっています。
 

先端部分を回すことで、ツメがひっかかり固定されます。

そのため、回さずに引っ張っても外れず、無理に引っ張るとクリップの破損につながるため注意が必要です。

回さずに外す

クリップの向きに注意してください。
 

クリップを外したあとの状態。

外した後の状態

この状態になれば、タイヤハウスのカバーを外すことが出来ます。

タイヤハウス内にアクセスできて、フロントウインカーやフォグランプのバルブの交換が可能になります。

 
クリップの外し方を動画で確認したい方はこちら↓

■ バンパーのクリップの外し方 動画バージョン


 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 

<その他のムーヴLA100系のパーツ取り付けはこちら>
⇒ MOVE L110 取付関連
 

今回は、ムーヴカスタムの「バンパーのクリップ」の外し方を紹介しました。
パーツの交換、取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です