タントカスタム(LA600)のグローブボックスの外し方は?

グローブボックスの外し方

「タントカスタム(LA600)のグローブボックスはどうやって外すの?」

タントカスタムの取付作業です。

グローブボックス

 
タントカスタムの助手席の前にある収納箱をグローブボックスといいます。
(グローブボックスはダッシュバーとも言われます)

グローブボックス

グローブボックスには、車検証などを入れておくことが多く、収納に便利なボックスです。

グローブボックスは、エアコンフィルター交換時やナビ取付時や配線を隠したり、パーツの取付時に外すことがあります。
 
今回は、タントカスタムのグローブボックスの外し方を紹介します。
 

<グローブボックスを外す車>

タントカスタム

・メーカー:ダイハツ
・車名:タントカスタム
・型式:LA600型
・年式:2016年

3代目「TanTo」のタントカスタム
(LA600S/LA610S型 2013年-2019年)

 
<使用する工具>
・特になし

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

グローブボックスの外し方

 
タントカスタムのグローブボックスは工具を使用せずに外せます。
 
グローブボックスを外すには、まず、グローブボックスを開きます。

グローブボックスを開く

開いた状態で、グローブボックスの端の部分を手でつかみ、内側に力をかけます。

外す時は、多少の力は必要です。

サイドの出っ張りの引っ掛かりを力をかけて外すと、手前にグローブボックスが出てきます。

グローブボックスを手前に出す

グローブボックスは、左右2個所のフックがあります。

右側のフック

グローブボックスの右側のフック

このような出っ張りがついています。

 
左側のフック

グローブボックスの左側のフック

このような2つのフックを解除するのに、力をかけます。
 
グローブボックスのツメは、左右に2個所あり、車の端の部分に挟まって固定されます。

外す時は、この位置を意識して力をかけるといいです。

 
グローブボックスは、パカッという音とともに下側に外れます。

下部を入れます

下側はフックで挟まっているので、手前に引っ張って外します。
 

外した後の状態

奥のエアコンフィルター

グローブボックスの奥には、エアコンフィルターがあります。この状態でエアコンフィルターの交換が可能です。
 
タントカスタムのメンテナンスや整備の際にもグローブボックスを外す時があります。

 

グローブボックスの取り付け手順

 
取り付けは逆の手順です。

下のクリップ部分をあわせてはめ込んでいきます。
上部の左右を押し込んでいれていきます。

 
■タントカスタムのグローブボックスの取り外し・取付動画
 


 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、
DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
 

今回は、「タントカスタムのグローブボックスの外し方」を解説しました。
取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です