ムーヴカスタム(LA100系)のエアコンガスの注入口の位置はどこ?

エアコンガスをチャージングホースに装着

ダイハツ・ムーヴ MOVEの取付作業

「ムーヴカスタム(LA100/110S)のエアコンガスの注入口の位置はどこ?」

ハスラーのエアコンガスや添加オイルの注入口を紹介します。

エアコンガスの注入口

車のエアコンは、家庭用のエアコンと同じでエアコンガスが入っています。

車のエンジンルームには、エアコンガスの注入口があります。

年数が経って、エアコンガスが抜けるとエアコンの効きが悪くなることがあり、そのような時はガスの補充が必要になります。

 
エアコンガスだけでなく、エアコンの性能をよりよくする添加剤もあります。(エアコンオイル)

コンプレッサーオイル用の添加剤で、エアコンのロスを低下させる商品。

エアコンの効果をあげたり、エアコンによるロスを防ぎたい方に人気のパーツです。

このような製品をエアコンに注入するときには、エアコンガスの注入口から行います。

ムーヴカスタムの「エアコンガスの注入口はどこにあるのか?」エアコンガスの注入口の位置を紹介します。
 

エアコンガスを注入する車

<ムーヴカスタム>

ムーブ

・メーカー:ダイハツ 
・車名:ムーヴカスタム MOVE
・型式:LA110・100系
・年式:平成23年

 
<使用する工具>
・チャージングホース
・グローブ等

注入の際には専用の工具が必要です。

エアコンガスの注入口の位置

ムーヴLA100系のエンジンルーム

ムーヴLA100系のエアコンガスの注入口は2か所あります。

  • エンジンルーム助手席側(H)
  • エンジンルーム運転席側(L)

 
エアコンガスの注入口は、高圧と低圧があります。

コンプレッサーが圧縮した後と、圧縮する前に設けられた接続ポート。

ムーヴLA100系は、運転席側が低圧側(L)で、助手席側が高圧側(H)です。

ムーヴのH側

高圧側にはHと書かれています。

エアコンガス、添加剤を入れるのは低圧側です。

接続口を間違えないようにしてください。

チャージングホースの口は、低圧側にのみ装着できるサイズになっています。

エアコンガス、添加剤の注入には、低圧側の「L側」を使用します。

ムーブのL側

キャップにLの文字が書かれています。

キャップを外して、チャージングホースを接続します。

低圧側の接続部分

接続ポートは低圧側と言われる「L」の表示のあるほうです。

チャージングホースを車両側パイプの接続ポートに接続しますが、慣れないと差し込みにくいかもしれません。

差し込むときに、プシューと音がすることがありますが、焦らないください。

間違えてH側に繋がないようにしてください。

チャージングホースは、形状がL側になっているので、H側には繋がらないようになっています。

エアコンガス

ムーヴLA100系のエアコンガスは、HFC-134aです。

現在の車のエアコンガスはHFC-134aがほとんどです。
created by Rinker
日立(HITACHI)
¥520 (2022/08/08 17:45:16時点 Amazon調べ-詳細)

エアコンガスを補充する方は、チャージングホースとエアコンガスは、HFC-134aが必要です。

作業は手順があるので、事前に流れを確認してください。

適当に作業をして思わぬ失敗に繋がる可能性があるので、作業に自身のない方はやめたほうがいいです。

アストロプロダクツの作業動画を参考に確認してみてください。

エアコンガスの量に注意してください。エアコンガスを入れすぎても冷えなくなってしまいます。

また、ガス漏れをしているケースだと、補充してもすぐに抜けてしまうため修理が必要。

ガスを補充してもエアコンが効かない時は修理に出したほうがいいです。
 
<カーショップのエアコンガスの参考価格>
5000円ほど(工賃込み)
修理は3万円〜

 
動画内のアストロプロダクツのチャージングホースはこちら。

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 
エアコン添加剤の入れ方はこちら
⇒ ムーヴLA100系のエアコン添加剤の入れ方
 
DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 

■ ムーヴLA100系のパーツ取り付けはこちら
⇒ MOVE L110 取付関連
 

今回は、ムーヴカスタムのエアコンガスの入れ方を紹介しました。
パーツの交換、取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です