ルーミー(M900A型)のタイヤ空気圧は?

「ルーミーのタイヤの空気圧は?」

自分でタイヤ交換をした時や空気圧チェック時に確認が必要なタイヤの空気圧。

いったいどれぐらい入れればいいのでしょう?

タイヤ空気圧

車のタイヤには、空気が入っていて「タイヤ空気圧」と呼びます。

車には、指定空気圧があり、タイヤ空気圧は、車の種類やタイヤのサイズによって違います。

空気圧

空気圧ゲージを利用して空気圧を測定することができます。

今回は、ルーミー(M900A型)の空気圧を解説します。

ルーミーの型式

  • メーカー:トヨタ
  • 車名:ルーミー
  • 型式:M900A型
  • 年式:2016年–

 
<使用する工具>

  • エアゲージ
作業時には、手袋があったほうがいいです。破損や怪我に注意してください。

ルーミーの空気圧

ルーミーの空気圧です。
 
タイヤの空気圧を測るには、空気圧ゲージ(エアゲージ)を使用します。
 
市販品のタイヤ空気圧ゲージもあるので、安いものなら数百円で購入可能です。

ガソリンスタンドには、エアゲージもあるので、空気圧をチェックすることができます。

アルトの空気圧

ルーミーの空気圧は、運転席のドアの開閉部分に表示されています。

運転席側のドアを開けた、後方の車両側に書かれています。

車両側に、空気圧のステッカーが貼られています。

<ルーミーのタイヤ空気圧>

シャトルのドア

タイヤサイズ:165/65R14

  • 前輪:260kPa
  • 後輪:260kPa

 

タイヤサイズ:175/55R15

  • 前輪:250kPa
  • 後輪:250kPa

 
空気圧はタイヤサイズによっても異なります。

インチアップ(ホイールサイズを大きく)した時は、空気圧は異なりますので注意してください。
 
空気の充填は、コンプレッサーを使用するといいです。

created by Rinker
大橋産業 (BAL)
¥3,180 (2021/12/09 16:19:14時点 Amazon調べ-詳細)
 
タイヤ交換時は、タイヤの締め付けトルクとタイヤの空気圧もチェックしてください。
⇒ ルーミーのタイヤ交換時の締め付けトルク

 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です