アルト(HA24S/24V型)のシャッキアップポイントはどこ?【タイヤ交換】

タイヤ交換

「アルト(HA24S/24V型)のシャッキアップポイントはどこ?」

アルトのタイヤ交換に必要なシャッキアップポイントです。

シャッキアップポイント

アルトをタイヤ交換などで持ちあげるときに、ジャッキをかける位置がシャッキアップポイントです。

タイヤ交換の際などに、ジャッキアップポイントを探す必要があります。
 
タイヤ交換の際に使うのは、サイドにあるジャッキアップポイント。

車のサイドにあるジャッキアップポイントは4箇所あります。(前後)
 
タイヤ交換時はジャッキアップポイントにジャッキをかけて車を持ち上げます。

ジャッキアップポイント以外にジャッキをかけると、曲がったり、変形したり、故障する場合があります。

今回は、アルトのシャッキアップポイントを解説します。

アルトの型式

アルト(6代目)
  • メーカー:スズキ
  • 車名:スズキ・アルト(6代目)
  • 型式:HA24S/24V型

 
<使用する工具>

  • トルクレンチ
  • 十字レンチ
  • ジャッキ

アルトの車載ジャッキは、リアの下部にあります。

車載ジャッキ

作業時には、手袋があったほうがいいです。破損や怪我に注意してください。

シャッキアップポイントの位置

アルト(HA24S/24V型)のサイドのシャッキアップポイントです。
 
車にはサイド以外にも、ジャッキアップポイントはありますが、ここではサイド部分のジャッキアップポイントの位置を説明します。
 
フロントのジャッキアップポイント

フロントのジャッキアップポイント

フロントのジャッキアップポイントは、車両下部にあります。
 
下から覗きこむと見ることができます。

ジャッキアップポイント

青い矢印の部分がジャッキアップポイントです。

 
アルトのリアのジャッキアップポイント

リアのジャッキアップポイント

リアのサイドをのぞきこむと、フロントのようにジャッキアップポイントがあります。

青の矢印部分付近にあります。

ジャッキアップポイント部分は、強化されていて、若干、底面が平らになっています。
 
この部分にジャッキをかけて持ちあげます。

アルト(HA24S/24V型)の車載シャッキはこのようなジャッキです。

ジャッキ
ジャッキアップポイント以外にかけると、車の破損や故障につながるので注意してください。

ジャッキのかけ方が悪いとジャッキアップポイントにジャッキをかけても、曲がって変形してしまうこともあります。

車のサイドにあるジャッキアップポイントは、車載工具のパンタグラフジャッキに合わせた形状になっています。
 
ガレージジャッキなどで、当たり面の角度が悪かったり、位置がずれたりすると曲がることもあるので注意してください。

不安な方は、車載用のジャッキを使うのがいいです。
 

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 
タイヤ交換時はタイヤの空気圧もチェックしてください。
 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
 

アルト(HA24S/24V型)のパーツの外し方まとめ
⇒ 【アルト(HA24S/24V型)】パーツの取り外しや交換方法
 
パーツ取付け、車いじり、DIY作業の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です