アルトエコ(HA35S)のキーレスの電池を交換する方法。

「アルト エコ HA35Sのキーレスの電池を交換したい。」

  • キーレス電池の交換方法は?
  • 入っている電池の種類は?
  • スマートキーの分解方法は?

 
アルト エコ HA35Sのスマートキーの電池交換方法を交換する方法を紹介します。

アルトエコ

アルトHA35S

アルトは、スズキの軽自動車です。

アルトは、年式、型式で種類が分かれています。

  • 3代目アルト CL11V/21V/22V/CM11V/21V/22V/CN11S型(1988年-1994年)
  • 4代目アルト HA11S/21S/HB11S/21S/HC11V/HD11V型(1994年-1998年)
  • 5代目アルト HA12S/22S/23S型(1998年-2004年)
  • 6代目アルト HA24S/24V型(2004年-2009年)
  • 7代目アルト HA25S/25V/35S型(2009年-2014年)
  • 8代目アルト HA36S/36V型(2014年-)

 
ここでは、「7代目アルトのアルト エコ HA35S」のキーレスの電池交換方法について書いています。

<キーレス電池を交換する車>
・メーカー:スズキ 
・車名:アルト エコ(7代目)
・型式:HA35S
・年式:2013年

※アイドリングストップ車
 

<使用する工具>
・小さなプラスドライバー(精密ドライバー)

作業時は、破損や怪我に注意してください。

キーレス

アルトのキーレス

キーレスは、カギを差し込まずにカギを開閉することができる便利な装備。

そのキーレスには、電池が入っています。

キーレスの電池の寿命があるので、効きが悪くなってきたら交換が必要です。

使用頻度にもよりますが、2~3年で交換が必要になり、効きが悪くなってきたら交換を検討してください。

キーレスの電池の交換方法

今回は、アルトのキーレスの電池交換方法です。
 
【交換手順】

  • キーレスのカバーを外す
  • 電池を交換する
  • キーレスのカバーを戻す

 
まず、カギについている小さなネジを精密ドライバーを使用して外します。

キーレスのネジを外す

サイズがあわないドライバーを使用すると、ネジをつぶしてしまうことがあるので注意してください。
 
ネジを外すとカバーを外すことができます。

キーレスのカバーを外した状態

カバーを外すと電池が見えます。
 
電池は細いマイナスドライバーで浮かせて外します。

キーレスの電池を浮かす

隙間を利用して電池を浮かせると取り出せます。

 
外した電池

アルトのキーレス

電池にはCR1216と書かれています。
 

電池は車種やグレードによって違うことがあるので注意してください。

※前のモデルのアルト(HA24S/24V型)とは、電池サイズが異なっていました。
 

新しい電池を入れます。

キーレスのカバーを外す

電池を入れたらカバーを戻します。

ネジを締める

ネジの位置をあわせて締めれば、キーレスの電池交換終了です。

ネジは小さいので紛失には注意してください。
 

アルト エコ HA35Sのキーレスで使用した電池

リチウムコイン電池 CR1216

リチウムコイン電池 CR1216

133円(06/23 09:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
 
パーツの破損・紛失や怪我に注意して作業してください。

その他の取り付けはこちら

アルトエコのバッテリー

アルトエコ HA35Sのバッテリーの選び方。サイズや価格は?

2023年3月2日

アルトのパーツ取付け、車いじり、DIY作業の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です