ハスラー(MR31S)のスマートキーの電池交換方法と電池の種類

スズキ・ハスラー(HUSTLER) のキーレスの電池を交換したい。

  • キーレス電池の交換方法は?
  • 入っている電池の種類は?
  • スマートキーの分解方法は?

ハスラー(MR31S)のスマートキーの電池交換方法を交換する方法を紹介します。

スマートキー

スマートキー

車のスマートキーは、重要な役割を果たすパーツです。

スマートキーがなければ、鍵を開けることも、エンジンをかけることができません。

そのスマートキーの電池は消耗品です。

電池は、だいたい3年ぐらいが交換の目安になります。

効きが悪くなってきたら、電池の交換が必要です。

スマートキーの電池を交換方法する車

ハスラー

<ハスラー>

  • メーカー:スズキ
  • 車名:ハスラー
  • 型式:MR31S/MR41S型
  • 年式:2016年

 
<使用する工具>
・マイナスドライバーなど

工具は、カバーのフタを開けるときに使用します。

電池の交換方法

スマートキー

電池の交換手順です。

  • 鍵を取り出します。
  • ドライバーなどを使いカバーを開きます
  • 電池を取り外します
  • 電池を入れます
  • カバーを戻します

 

スマートキー本体の小さなレバーを引いて、鍵を取り出します。

電池の交換方法

鍵を取り出した隙間を利用して、カバーを開きます。

カバーを開くと、電池が入っています。

スマートキーのカバーを外す

電池を外して、新しい電池に交換します。

電池が取り出しにくい時は、マイナスドライバーなどで浮かせるといいです。

小さな爪があるので、慎重に作業してください。

電池の種類

ハスラーの電池

ハスラー(MR31S)のスマートキーに入っていた電池は、CR2032(ボタン電池)でした。

電池の個数は1個です。

年式、型式で電池の種類が変わる場合があるので、注意してください。

電池の金額

パナソニック コイン電池 CR2032

パナソニック コイン電池 CR2032

117円(04/24 19:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

電池は1個入りのものから、複数の電池がセットになったものがあります。

金額は、電池の数が多いほどお得になる傾向です。

使用する個数は1個で、頻繁に必要になるものではないので、数は必要ありません。

注意点

スマートキーの鍵を取り出して、鍵穴を利用して鍵を開けて、ドアを開けるとセキュリティアラームシステムが作動します。

キーレスの電池がない状態で、開けると電池切れで車のエンジンをONにできないと、アラームが鳴り続けます。

車のエンジンをONにしないと、セキュリティアラームが止まらないので、スマートキーの電池がない場合は注意してください。

盗難防止のクラクション音が鳴り響きます。

電池が減っている場合は、エンジンボタンにリモコンキーを近づけて、ボタンを押してください。

ブレーキを踏んでエンジンスイッチを押して、スマートキーをしばらくエンジンスイッチに当てるとONになり、解除できることがあります。

どうすることもできない時は、アラームは5分ほどで止まりますが、近所迷惑になります。

まとめ

今回は、ハスラー(MR31S)のキーレスの電池交換を紹介しました。

入っていた電池は、CR2032でした。

パナソニック コイン電池 CR2032

パナソニック コイン電池 CR2032

117円(04/24 19:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハスラーの年式、型式で異なる場合があるかもしれないので、注意してください。

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。

もし、作業に自信がない方は、カーショップでの購入や取り付けしてもらうといいかもしれません。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

created by Rinker
MKJP
¥3,800 (2024/04/24 16:24:02時点 Amazon調べ-詳細)
 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

 
ハスラーのパーツの外し方まとめ
⇒ ハスラーのパーツの取り外しや交換方法
 

今回は、ハスラーのスマートキーの電池を交換方する法を紹介しました。

パーツの交換、取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です