運転席ハンドル下部のパネルの外し方は?ムーヴカスタム編

運転席ハンドル下部のパネル

ダイハツ・ムーヴ(MOVE)の取付作業

ムーヴカスタム(LA100/110S)の運転席ハンドル下部のパネルの外し方を解説します。

運転席ハンドル下部のパネルのパネル

運転席ハンドル下部のパネル

車の運転席の足下上部にあるパネルです。
(ステアリング下のパネル)

パーツ取付やエンジンスタートスイッチのパネルを外す際に取り外すことがあるかもしれません。
 
エンジンスタートスイッチの横の空いたパネルにスイッチなどを取付ける際にも外す必要があります。
 
DIY作業でも外すことが多いパネルです。

 
今回は、運転席ハンドル下部のパネルの外し方を紹介します。
 

運転席ハンドル下部のパネルの外し方

<ムーヴカスタム>

ムーブ

・メーカー:ダイハツ 
・車名:ムーヴカスタム MOVE CUSTOM
・型式:LA110・100系
・年式:平成23年

 
<使用する工具>
・なし

※内装はがしはあると便利かもしれません。

 

運転席ハンドル下部のパネルの外し方

 
運転席ハンドル下部のパネルを外す手順。

今回は、工具を使用せずに手で外しました。
 

下部のパネルを持ってまっすぐ引きます。

パネルを持ってまっすぐ引く

右端から外し始めました。
 

パネルが硬めの所もあり、ツメが外れにくい所もあります。

隙間を使用します

浮いてきたパネルの隙間を利用して外していきます。

パネルが浮いてきます

スイッチパネルは残り、その周りのパネルが外れてきます。

パネルのクリップを意識して力をかけて外します。
 

運転席足下のパネルが外れた状態

パネルが外れた状態

パネルには配線がつながっていますので、注意してください。

自己診断コネクター

白いカプラーが自己診断コネクターです。
 

このような形で運転席の足下のパネルが外せます。

給油口を開けるレバーやボンネットを開けるレバーは車両側に残ります。
 

運転席の足下のパーツ取付やエンジンスタートスイッチパネルを外す際には、このような流れでパネルを外していきます。

 
動画で確認したい方はこちら↓

■ 運転席ハンドル下部のパネルの外し方の動画


 
作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

 

■ ムーヴLA100系のパーツ取り付けはこちら
⇒ MOVE L110 取付関連
 

今回は、ムーヴカスタムの運転席ハンドル下部のパネルの外し方を紹介しました。
パーツの交換、取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です