ルームランプに8000Kホワイト光の車検対応LEDを取付!

8000KのLED

ダイハツ・ムーヴ MOVEの取付作業

ムーブカスタム(LA100/110S)にLEDランプを取り付けるDIY作業。

ルームランプ

ルームランプ

ムーブカスタムの、天井ルームミラーの近くについているフロントルームランプ。

フロントルームランプは、夜間時などに車内を照らすのに使用するランプです。
 

そのルームランプは、社外品に交換することも可能。

ルームランプをさらに明るくしたい場合やオシャレにしたい方はLEDへの交換がオススメです。

車のドレスアップにもなります。
 

ムーブのルームランプは、左右とセンターとの3つに分かれていますが、今回はルームランプの端側(サイド)を交換します。
 

今回は、ムーヴカスタムのルームランプを純正電球から8000KのLEDに交換します。
 (動画解説あり)

 
<ルームランプを交換する車>

ムーブ

・メーカー:ダイハツ 
・車名:ムーブカスタム MOVE CUSTOM
・型式:LA110・100系
・年式:平成23年

 
<使用する工具>
・内装はがし(マイナスドライバー
 

作業時は、破損や怪我に注意してください。

ルームランプの交換方法

 
今回は、ムーヴカスタム(LA100)のルームランプをLEDに交換します。

取付けするのはこちらの車用のLED。

雷

「プレミアム」雷

ドンキホーテで売っていたLEDランプで、1000円以下で購入しました。

ホワイト光の8000K、明るさ5ルーメン。

車検対応と書かれていました。
 

LEDの形状の種類はいくつかありますが、ムーブのルームランプの左右の電球はT10形状です。
(他のサイズ設定もあります)

センターのルームランプの形状は違います。センターはT10×31タイプです。
 
<ムーブのルームランプ>
・サイド:T10 2個
・センター:T10×31 1個

 

今回は、ルームランプのサイド部分を交換します。

ルームランプを交換するには、マイナスドライバーや内装はがしを使用して、カバーを取り外します。

カバーを取り外します

隙間に工具を差し込んでパネルを浮かせます。

カバーパネルを外します。

カバーを外す

カバーを外すと純正のバルブが見えます。

次に、純正のバルブを外します。

電球を外す

しっかりはまっているので、取り出すのは固めです。
 

電球を手で取り出しますが、点灯直後は熱いので注意してください。

つまんで取り出した電球

 
純正のルームランプの形状は、T10です。

 

取付けするLED

LEDと電球

色温度:8000K

ハイブリッド車/アイドリングストップ車対応と書かれています。

 

<ルームランプの取り付け手順>

 
取り付けは、逆の手順ではめていきます。

電球を差し込む

LED点灯部分を下向きに装着します。

極性のあるLEDは点灯しない場合がありますので、点灯しない時は向きを変えて入れ直します。

LEDを取付けた状態

点灯チェック

最後に点灯チェックをします。

画像のように、ホワイト光のLEDが点灯しました。

カバーを戻す

点灯確認したら、カバーを戻します。
 

夜間の点灯状態

夜間の点灯状態

KEDは、8000Kなのでやや青白い感じです。

 
LEDにはたくさんの社外品パーツがありますが、形状や適合型式に注意してください。
 

スポンサードリンク

 
ムーヴ(MOVE) へのルームランプの取付動画はこちら

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

ムーブ(LA100S) メンテナンスオールインワンDVD 内装&外装セット

 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
 

<その他のムーヴLA100系のパーツ取り付けはこちら>
⇒ MOVE L110 取付関連
 

今回は、ムーヴカスタムに8000KのLEDルームランプを取付しました。
パーツ選びや取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です