Aピラーの配線の通しかた。
 (DIY作業)
 

ETCやドライブレコーダーの取付け時に、
配線をAピラーに通すことはありませんか?

 
Aピラーは、
フロントのサイドのピラーのことです。
 

配線を表に出さずに隠して、
キレイに取り付けたい場合は、
ピラーのカバーを外して、配線を隠したい方も多いかもしれません。
 

配線をピラー内に収めることで、
見た目が良くて、スッキリ取付けができます。
 

今回は、Aピラー内に、
配線を通す方法を書きましたので、
何かの参考になればと思います。

 

Aピラーに配線を通すには?

 
ピラー内に配線を通すには、
まずピラーを外す必要があります。

Aピラー
Aピラー

ピラーの外し方は、
車によって異なります。

 

ゴムモールを外して、
ピラーカバーに手をかけて、
ツメの部分から外していきます。

ピラーの外し方

サイドエアバック付き車は、
脱落防止機能が付いている場合があります。

その場合は、ラジオペンチなどの工具で、
ロックを解除する必要があります。

 (お乗りの車の外し方を確認してください)
 

ピラーを外したら、
配線を通していきます。

 

足元部分にカバーが付いている場合は、
足元のカバーを取り外します。
 (グローブボックスを外してしまってもいいです。)

下から配線の通りそうな所を探します。

下から覗いて、
上に通りそうな空間があるかを確認します。
 

まずは、
針金を通します。

針金が通ったら、
針金に通す配線をつなぎます。

配線を接続

テープで固定します。
 

固定したら、
空間を利用して、針金を通していきます。

針金を通します

上から下へ通していきます。

切れたり、傷つくことがありますので、
力をかけて引っ張らないように注意してください。
 

下側に配線が出てきました。

出てきた配線

この配線を機器に接続します。
 

今回通したのはETCの配線ですが、
他の配線も同じように通すことができます。
 

作業時は、
パーツの破損や怪我に注意して慎重に作業してください。
 

作業の一連の流れは、
こちらの動画で確認してください。

「ETCやドラレコの配線をAピラー内に通すやり方」

<動画で使用した車>
・メーカー:ダイハツ
・車名:MOVE ムーブ
・型式:L150系

使用した道具:太目の針金、マスキングテープ
 

動画内では、
針金を使用しましたが、専用パーツもあります。

エーモン 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m 1161

このような工具を使用するのもいいかもしれません。

取付け作業時は、
パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

パーツ取付け、車いじり、
DIY作業を楽しんでください^^