車の天井裏に配線を通す方法。
 (DIY作業)
 

ETCやドライブレコーダー、
ナビのアンテナの取付け時に、
配線を天井部分に通すことはありませんか?

 

配線を表に出さずに隠して、
キレイに取り付けたい!

そんな時は、
天井内のカバーに配線を入れて、
隠した方がキレイに取付できます。
 

配線を天井内に収めることで、
見た目が良くて、スッキリ取付けができます。
 

今回は、天井の内張り内に、
配線を通す方法を書きましたので、
何かの参考になればと思います。

 

天井の内張りに配線を通すには?

 
まず、Aピラーのカバーを外します。

ピラーの外し方

取付けパーツの位置を固定したら、
配線を天井内に押し込んでいきます。

天井の配線
 

車により、
天井の内張りの形状が異なります。

天井に配線を入れます。

天井部分は、
通しやすい車と通しにくい車があります。
 

ただ通しただけだと、
振動などで時間が立つと垂れ下がってくることがあります。

 
その場合は、
配線にスポンジテープを巻きつけるのがいいです。

配線にスポンジテープを巻きつける

部分部分に、
スポンジテープを巻きます。

 
あとは、
スポンジごと天井に押し込んで入れます。

スポンジごと天井に押し込んで入れます。

こうすることで、
配線の垂れ下がりを予防することが出来ます。

 
今回通したのはETCの配線ですが、
他の配線も同じように通すことができます。

(ナビのアンテナ配線を通すときにも使えます。)
 

作業時は、
パーツの破損や怪我に注意して慎重に作業してください。
 

作業の一連の流れは、
こちらの動画で確認してください。

「ETCやドラレコの配線を天井の内張り内に通すやり方」

<動画で使用した車>
・メーカー:ダイハツ
・車名:MOVE ムーブ
・型式:L150系

 
取付け作業時は、
パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

パーツ取付け、車いじり、
DIY作業を楽しんでください^^