Bピラーの外し方!配線を通す時やDIY作業の参考に(MOVE)

Bピラー

車のBピラーの外し方。

車の天井に配線を通す時などに、
外すことのあるBピラーです。
 (DIY作業)
 

フィリップダウン(天井つり下げモニター)
ナビのアンテナ、バックカメラの取付け時に、
配線を天井部分に通すことはありませんか?

 

その作業時に、
取り外すことが必要になるBピラー。

ピラーカバー

Bピラーは、
助手席や運転席の脇にあるピラーです。

今回は、Bピラーを取り外す方法を書きました。
DIY作業時の参考になればと思います。

 

Bピラーの外し方は?

今回、使用した車はMOVEです。

・メーカー:ダイハツ 
・車名:ムーブ MOVE
・型式:L150系

 3代目MOVE L150/160S型(2002年 – 2006年)
ムーブ(MOVE)のリア

解説したのはムーブですが、
他の車も手順は同じような流れです。

車により、ピラーの外し方は多少変わります。
※ピラーにエアバックがついている車は注意してください。

 

<ムーブのBピラー>

2列目にあるピラーをBピラーといいます。

Bピラー

Bピラーは、車により、
内張りカバーの形状が異なります。

Bピラーを外すには、
足元のパネルを取り外してから順番に外してきます。

助手席足元のパネルカバー
後席足元のパネルカバー

ドアをあけた所にあるパネル。
パネルのツメに注意して外します。

フロントのパネルカバー

ツメは数個所あり、硬い場合がありますので、
作業は慎重に行ってください。

なお、硬い場合は、
内装はがしなどを使用して外してください。

助手席足元のパネルの外し方は、
こちらの記事で確認できます。
助手席足元のパネルの外し方。

 
後席足元のパネルカバー
後席足元のパネルカバー外し

後席のカバーもフロント同様に外します。

後席のパネル

後席足元のパネルカバーを外した状態。
 

フロント、リアのパネルを外したら、
シートを前に出して、イスを倒します。

シートを前に出す

こうすることで、
作業スペースができます。
 

Bピラーパネルカバーを取り外していきます。
 

カバー外すには、
後ろ側から外していきます。

パネル後方

後ろ側のパネルを起こして、
カバーを取り出します。
 

※カバーは前側からは外れないので、後ろ側から外します。
 

外す時は、少し力がいります。

無理に力をかけ過ぎて、
パネルを破損しないように注意してください。

パネル

このようにパネルを取り外すことができます。

 
もし、Bピラーパネルの下部のカバーのみを外したい方は、
ここで作業終了です。

 

Bピラー上部のカバーの外し方

Bピラー上部のカバーは、
シートベルトの固定されている部分です。

Bピラー上部

上部のカバーを外すには、
工具が必要になります。

<必要工具>
・内装はがしやマイナスドライバー
・14ミリのレンチ
 

まずは、
ピラーのカバーを外します。

ピラーのカバー

内装はがしやマイナスドライバーを使用して、
カバーを起こしていきます。

 
カバーを外すと、
ボルトが出てきます。

ボルトを緩めます

14ミリのレンチで緩め、
シートベルトを外します。

緩めるときは、反時計回りに回します。

 
このようにシートベルトを外すことができます。

シートベルトを外す

ワッシャーなどの小さな部品がありますので、
なくさないように注意してください。

 
次に、ピラー周りのゴムを外します。

ゴムを外す

ゴムの部分は、手で引っ張って外せます。

 
ゴムを外したら、
上部のツメを解除します。

分かりにくいですが、
隙間からのぞくと何となくツメの位置が分かります。

ピラーのツメを外す

内装はがしなどを差し込んで外します。

ツメを解除できれば、
ピラーを外すことができます。

Bピラー外し

このように
Bピラーを外すことができます。

 
Bピラーの外し方は、
動画でも撮影していますので、こちらで確認してください。

外しにくいパーツもありますが、
パーツの破損や怪我に注意して作業してください。

その他の取付関連は、
以下の項目を参考にしてください。
 

<その他 MOVEの取付け関連>
⇒ ムーブ(MOVE) L150系のナンバー灯の交換方法
⇒ Aピラーの外し方・取付け方
⇒ ドアパネル(内張り)の取り外し方法
⇒ 後席ルームランプ
⇒ ルームランプの取り外し
⇒ フォグランプバルブ交換
⇒ エアフィルター交換方法
⇒ サイドウインカー交換方法
⇒ テールランプ交換方法

<トラブル編>
⇒ 給油口が開かない場合
⇒ ルームランプが点灯しない。ヒューズの位置
⇒ ヒューズの位置車内側

 
パーツ取付け、車いじり、
DIY作業に挑戦してみるのも楽しいと思いますよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です