ダイハツ ムーブ MOVE

ナンバー灯(ライセンスランプ)の交換方法。

 
平日の夜10時頃、
帰宅途中にクルマを走らせていると、
一台のパトカーとすれ違った。

 
その数分後、
パトカーがUターンをしてきて、
私のクルマの後ろで赤色灯を回している。

 
「前のクルマ、止まりなさ~い」
 

オイオイオイ、
私が何をしたというのだ。
 

クルマを止めると警察官がやってきて、
「何で止めたか分かる?」

・・・

・・

分かりません・・・

 
コレ!と指を差されたのが、
「ナンバー灯」です。
 

車のナンバーを照らすナンバー灯が切れている!!
(ライセンスランプともいう)
 

オーマイガー
 

全く知らなかったわ、
ってか、いつ切れたの???って感じ。

 
ということで、
免許証と連絡先などいろいろ聞かれて、
整備不良のキップまでは切られなかった。

 
ナンバー灯が切れているだけで、
このようなことが起こってしまいます。
 

という長い前置きはさておき、
このようなことがあったので、自分でナンバー灯を交換してみた。

 

ナンバー灯の交換

 
ナンバー灯とは、
このようにリアのナンバーを照らすランプです。

点灯確認

軽自動車のナンバー灯は、
1個というものが多いです。
(普通自動車は2個が多いです)
 

<ナンバー灯を交換する車>
ダイハツ ムーブ MOVE
型式:L150S系
 

<使用する工具>
ドライバー
 

<交換方法>

ムーブのリア

ムーブ(MOVE)のリア

こちらのナンバーの上部についているのが、
ナンバー灯です。

下から覗き込んだ
ナンバー灯の拡大画像。

ムーブのナンバー灯

ナンバー灯の交換には、
ナンバー灯のカバーを外します。

ナンバー灯のカバー

カバーはネジ留めされていますので、
プラスドライバーを使用して緩めます。

ネジを外せば、カバーは外れます。

ナンバー灯のカバーをはずした状態

次に、バルブ(電球)を外します。

基本的に手で引っ張って取ります。
注意点:点灯直後は非常に熱いです。やけどに注意。

ナンバー灯の電球をはずす

簡単に外れる場合もありますが、
今回は、なかなか抜けませんでした。

マイナスドライバーにマスキングテープを巻いて、
ソケットとバルブの間を若干、コジる感じで外しました。

金属はショートする可能性があるので注意してください。

 
取付は逆の手順で行います。

バルブをつけたら、
点灯確認をして問題なければ、カバーを取り付けます。

ネジをします。

点灯確認

以上で終了です。
 

動画はこちら

ムーブL150のナンバー灯の交換は、
比較的簡単に行えます。

使用した工具は、
プラスドライバーのみでした。

バルブ形状は、T10
 

<その他 MOVEの取付け関連>
⇒ Aピラーの外し方・取付け方
⇒ ドアパネル(内張り)の取り外し方法
⇒ 後席ルームランプ
⇒ ルームランプの取り外し
⇒ フォグランプバルブ交換
 

ナンバー灯交換のDIY作業に挑戦してみるのも楽しいかも知れません。