コペンLA400Kのバッテリーサイズは?交換方法や価格はいくら?

コペン

ダイハツ・コペンのバッテリーはどうやって選べばいいの?

バッテリーを自分で交換したい方の疑問に答えます。

「バッテリーサイズは?」

「バッテリーの交換方法は?」

「バッテリーの価格はいくらぐらい?」

コペン(LA400K)のバッテリーサイズ、交換方法や価格を紹介します。

コペン(LA400K)

Daihatsu Copen Robe
引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/

コペンは、ダイハツのコンパクトカーです。

【コペンの型式】

  • 初代コペン L880K型(2002年-2012年)
  • 2代目コペン LA400K型(2014年-)

 
ここでは、「2代目コペン LA400K型(2014年-)」のバッテリー交換方法について書いています。

コペンは、年式、型式でバッテリーが異なるので注意してください。

バッテリー

バッテリー

車のバッテリーは、重要な役割を果たすパーツです。

バッテリーがなければ、エンジンをかけることができません。

バッテリーは、使うほど消耗しますので、寿命がきたら交換が必要です。

バッテリーは、だいたい3年ぐらいが交換の目安になります。

バッテリーの交換時期は、バッテリーテスターで確認することができ、ガソリンスパッソやカーショップでバッテリーの無料点検を行なっているところも多いです。

バッテリーチェック

バッテリーの使用年数も3年以上経過すると性能が低下してきます。

定期的にチェックして、寿命が近づいてきたら交換が必要です。

コペンのバッテリーサイズ

パッソのエンジン
※画像はコペンではありません。

コペンのバッテリーは、エンジンルームの助手席側にあります。
 

バッテリーの上部には、サイズが記載されています。
 
コペン(400系)のバッテリーサイズ:M-42

※コペンLA400系のバッテリーはM-42(L)ですが、念のため車のバッテリーを確認してください。アイドリングストップ車でない場合は44B19Lが搭載されている場合があります。

バッテリーサイズ:M-42

バッテリーのM-42とM-42Rは別のものです。

バッテリーには、LとRの2種類のバッテリー形状があり、コペンはM-42です。
 

L、Rは、端子の+と-の位置を表します。

バッテリーのプラス端子

バッテリーのプラス端子側から見た位置

  • +端子が左側にあるとき ⇒ Lタイプ
  • +端子が右側にあるとき ⇒ Rタイプ

 
コペン(400型)のバッテリーの端子の表示は、M-42(L)になります。
 
端子の表示がM-42Rというバッテリーもありますが、こちらは装着することができません。(バッテリーの端子の位置が違います)

最後の「R」が付くか付かないかは重要ですので、必ず確認してください。

バッテリーの交換方法

パッソのバッテリー

バッテリー交換には工具が必要です。

【使用する工具】
・スパナ
・グローブ等
 

車のバッテリーを外すと、その間は電気が流れないため、車の機器がリセットされます。

リセットされた後の設定やトラブルを減らしたい方は、このようなパーツがあります。

エーモン メモリーバックアップ 1686

エーモン メモリーバックアップ 1686

2,900円(09/25 20:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

時計設定など面倒な作業はしたくない方は、用意するといいかもしれません。

バッテリーの外し方

バッテリーの交換手順です(外し方)

  • ステーを外します
  • マイナス端子を外します
  • プラス端子を外します
  • バッテリーを取り出します

 
バッテリーの外し方動画(ワゴンRですが基本的流れは同じです。)

マイナス端子から取り外します。

作業時は、ショートさせないように注意してください。

バッテリーの取り付け方

取り付けは逆の手順です。

  • バッテリーを戻します
  • プラス端子から取り付けます
  • マイナス端子を取り付けます
取り付ける時は、+ターミナルから取り付けます。

バッテリーを外す際に、工具と車両の金属部分が触れるとショートする可能性もあります。慎重に作業してください。

安全のために、ゴム手袋などをしたほうが良いです。

不安な方は、ショート防止の樹脂コーティングされたレンチもあります。

このような工具を使用することでショートのリスクは減ります。

取り付けに自信がない方はこのようなサービスを使うのもアリです。

バッテリーの金額

コペンは年式・型式によってバッテリーは異なります。
 
コペンのバッテリーM-42の価格。

M-42のバッテリー価格は、約7000円ぐらいからです。

いくつかのメーカーからバッテリーが販売されています。

バッテリーサイズのK-42とK-42Rは別のものです。コペンはK-42です。

購入時には車を確認して、バッテリーのサイズを確認してください。

※必ず乗っている車のバッテリーのサイズ、端子位置を確認して下さい。

バッテリー表示の前の数字は、バッテリー容量です。(数値が大きいほど容量があり、性能が高いです。)

バッテリーの回収費用は?

交換後のバッテリー処分は、バッテリーを回収する業者があります。

廃バッテリーを送り返す方式をとっている通販ショップもあります。

 
また、カーショップなどでも引き取ってくれることがあるので確認をしてください。

バッテリー処分費用の相場は500円〜1,000円ぐらいです。
 
もし、取付作業に自信がない方は、カーショップでの購入や持ち込み取り付けを考えるといいかもしれません。

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。

バッテリー購入前に車のバッテリーサイズを確認して、同じサイズを購入してください。

今回は、コペン(LA400K)のバッテリー交換方法を紹介しました。
パーツの交換、取付時の参考になればと思います。

コペンの取り付け関連記事

コペン

コペン(LA400K)のタイヤの空気圧は何キロ入れればいいの?

2021年8月5日
コペン

コペン(LA400K)の締め付けトルクはどれぐらい?

2021年8月4日

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。