ラクティスP120型のタイヤの空気圧は何キロ?

「ラクティスのタイヤの空気圧は?」

自分でタイヤ交換をした時などに重要なタイヤの空気圧。

「いったいどれぐらい入れればいいのでしょう?」

ラクティスのタイヤの空気圧を紹介します。

タイヤ空気圧

車のタイヤには、空気が入っていて「タイヤ空気圧」と呼びます。

車には、指定空気圧があり、タイヤ空気圧は、車の種類やタイヤのサイズによって違います。

空気圧は、車の走行に大きく関わる部分なので、定期的な確認、エアー調整が必要。

タイヤの空気圧は、空気圧ゲージを使用して測定することが可能です。

ラクティス

ラクティスはトヨタのコンパクトカーです。

  • 初代ラクティス P100型(2005年 – 2010年)
  • 2代目ラクティス P120型(2010年 – 2017年)

 
ここでは、2代目ラクティス P120型(2010年 – 2017年)についてい書いています。
 
【2代目ラクティス P120型】

  • メーカー:トヨタ
  • 車名:ラクティス
  • 型式:P120型
  • 年式:2010年 – 2017年

 
 
<使用する工具>
・エアゲージ

エーモン エアゲージ 最大測定値500kPa ケース付 6777

エーモン エアゲージ 最大測定値500kPa ケース付 6777

715円(08/08 15:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

エアゲージは色々な種類があります。

作業時には、手袋があったほうがいいです。

ラクティスの空気圧

シャトルのドア

ラクティスの指定空気圧は、運転席のドアの開口部に貼ってあります。

運転席のドアを開けた所の車両側に、空気圧ステッカーが貼られています。
 

<ラクティスの空気圧>

タイヤサイズは175/60R16

空気圧は、軽積載時と定積載時で異なります。

【175/60R16】

  • 前輪:230kPa(2.3kg/cm2)
  • 後輪:230kPa(2.3kg/cm2)

 

タイヤのエアゲージを使用して、指定空気圧に調整してください。

記載の数値は、タイヤが冷えている時の空気圧です。

タイヤは、走行後は温度が上がり、空気圧が高くなります。
 
温まってる時に調整してしまうと、普段は空気圧が低くなってしまいます。

そのため空気圧は、タイヤが冷えている時に調整をしたほうがいいです。

空気圧

注意点として、タイヤの空気は車に乗らなくても徐々に抜けていきます。

長期間、空気圧を確認している場合は、自然に抜けて減っている可能性があります。
 

空気が減ったまま走行すると、空気圧不足でパンク、バーストすることがあり注意が必要。

高速道路のトラブルでは、タイヤ整備不良で発生する事例が多いです。

中でも、空気圧が少ないことで起こっているもの多いので高速道路走行時は特に注意してください。

また、燃費が悪くなったり、タイヤの偏摩耗にもつながりますので、タイヤ空気圧は、定期的にチェックをしたほうがいいです。
 

自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
 

■ ラクティスのパーツ取り付けはこちら
⇒ ホイールナットの締め付けトルク
 

今回は、ラクティスのタイヤ空気圧を紹介しました。
タイヤ交換時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です