初代スペーシアのタイヤ空気圧は何キロ?14インチと15インチの空気圧と注意点

スペーシア

スズキ・スペーシアのメンテナンス

「スペーシアのタイヤの空気圧はどれぐらい入れればいいのでしょう?」

ここではスペーシア (Spacia)の空気圧の疑問に答えます。

タイヤ空気圧

タイヤ

車のタイヤには、空気が入っていてタイヤ空気圧といいます。

タイヤの空気は自然に抜けることがあり、定期的なチェックが必要です。
 
タイヤ空気圧は、指定空気圧があり、車の種類やタイヤサイズによって違います。
 
ここでは、スペーシアの空気圧を紹介します。

スペーシアの型式・年式

スペーシア

スズキの軽自動車がスペーシア (Spacia)です。

【スペーシアの種類】

 
ここでは、「初代スペーシア MK32S/42S型 (2013年 – 2018年)」について書いています。
 

【初代スペーシアの型式】

  • メーカー:スズキ
  • 車名:スペーシア
  • 型式:MK32S/42S型
  • 年式:2013年 – 2018年

 
スペーシア MK32S/42S型のタイヤサイズは、純正14インチを装着しています。

スペーシアのタイヤサイズ:155/65R14

 
<使用する工具>
・エアゲージ
 
作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

スペーシアの空気圧

まず、タイヤの空気圧を測るには、空気圧ゲージ(エアゲージ)を使用します。

空気圧

市販品のタイヤ空気圧ゲージも販売され、安いものなら数百円で購入可能です。

ガソリンスタンドにいけば、エアゲージもあるので、空気圧をチェックすることができます。
 

スペーシアの空気圧は、ドアの開閉部分にかかれています。

運転席側のドアを開けた、後方の車両側に書かれています。

ドア

車両側に、空気圧のステッカーが貼られています。

タイヤ空気圧

タイヤサイズ:155/65R14

  • 前輪:280kPa
  • 後輪:280kPa

 

注意点として、スペーシアは年式によって空気圧が異なります。

初期型のスペーシアの空気圧は280kPaですが、2015年5月のマイナチェンジ後は空気圧が違います。(空気圧2.8kは他の軽自動車と比較しても高めです。)

車のドアの空気圧表示を確認してください。

 
マイナー後のスペーシア タイヤサイズ:155/65R14

  • 前輪:250kPa
  • 後輪:250kPa

 

タイヤサイズ:165/55R15(カスタム)

  • 前輪:240kPa
  • 後輪:240kPa

 
スペーシアには15インチ装着車もあり、14インチと15インチでは指定空気圧は異なります。
 

インチアップしている場合は、この空気圧に当てはまらない場合がありますので、タイヤサイズを確認してください。
 

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 
自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

今回は、スペーシアの空気圧を紹介しました。
タイヤ交換やパーツ取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です