N-BOX(エヌボックス)JF1/2系のタイヤの空気圧は?

自分でタイヤ交換をした時に必要なタイヤの空気圧。

「N-BOX(エヌボックス)JF1/2系のタイヤの空気圧は、いったいどれぐらい入れればいいのでしょう」

そんな疑問に答えていきます。

タイヤ空気圧

 
車のタイヤには、空気が入っています。

タイヤの中に、入っているのがタイヤ空気圧。

車には、指定空気圧があり、タイヤ空気圧は、車の種類やタイヤのサイズによって違います。

その車の空気圧に調整する必要があります。

 
<空気圧を測定する車>

  • メーカー:ホンダ
  • 車名:N-BOX(エヌボックス)
  • JF1/2系
  • 平成29年
 
<使用する工具>
・エアゲージ

作業時は、破損や怪我に注意してください。
 

N-BOXの空気圧

 
今回は、N-BOX(エヌボックス) JF1/2系の空気圧です。
 

まず、タイヤの空気圧を測るには、空気圧ゲージ(エアゲージ)を使用します。

市販品のタイヤ空気圧ゲージも販売され、安いものなら数百円で購入可能です。

ガソリンスタンドにいけば、エアゲージもあるので、空気圧をチェックすることができます。
 

N-BOXの空気圧は、ドアの開閉部分にかかれています。

運転席側のドアを開けた、後方の車両側に書かれています。

ドア

N-BOXの空気圧は、青い文字で書かれていました。
 

<タイヤ空気圧>

タイヤサイズ:155/65R14

・前輪:220kPa (2.2kg/cm2)
・後輪:220kPa (2.2kg/cm2)

 
タイヤサイズ:165/55R15

・前輪:210kPa (2.1kg/cm2)
・後輪:180kPa (1.8kg/cm2)

※ N-BOX JF3/4型の方は空気圧は高めになっていました。

N-BOXの標準の空気圧は、フロントとリアでは違いますので注意してください。

空気圧はタイヤサイズによっても異なります。
 

ドアの部分に書かれている空気圧は、タイヤサイズが155/65R14の場合なので、タイヤサイズが変わると空気圧も異なります。

 
インチアップした方は、空気圧は異なりますので注意してください。
 

一般的には、インチアップ時は気持ち高めにした方がいいです。

 

タイヤ空気圧は、スタンダード規格とエクストラロード(EXTRA LOAD)規格ではロードインデックス(LI)が異なり、適正空気圧も異なります。

エクストラロードはタイヤの後にXLと書かれています。
(例) 165/40R17 76V XL
 
インチアップ時には、ロードインデックスにも注意が必要です。

エクストラロード規格のタイヤは、空気圧でタイヤ強度が変わりますので、エクストラロード指定の空気圧に設定する必要があります。

作業時は、パーツの破損や怪我に注意して作業してください。
 

DIY作業を定期的に行う方は、このようなアイテムがあると便利です。

自分でパーツの取付け、車いじり、DIY作業に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。
 

今回は、N-BOX JF1/2系の空気圧を紹介しました。
タイヤ交換やパーツ取付時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です