ムーブ(MOVE)のバックドアのパネルカバーの外し方は?

バックドアのパネル

<ダイハツ・ムーブのバックドアのパネルの外し方>

バックドアのパネルは、
あまり外すことはないですが、DIY作業時に外すことがあるかもしれません。

(バックカメラやナンバー灯ユニット取り付け時など)
 
 
こちらのページでは、MOVE150系のバックドアのパネル(内張りカバー)を取り外す方法を書いています。

<ダイハツ・ムーブ>
3代目MOVE L150/160S型
年式:2002年 – 2006年

ダイハツ・ムーブのDIY作業時の参考になればと思います。

 

バックドアのパネルの外し方は?

バックドアのパネル

今回、パネルを外した車はMOVEです。

3代目MOVE L150/160S型(2002年 – 2006年)
ムーブ(MOVE)のリア

取り外すのはムーブですが、他の車も手順は似たような流れです。

車により、パネルの外し方は多少変わりますが、基本的には同じような感じです。
(車によっては、クリップやネジで止まっているものがあります。)
 

ます、バックドアを開けます

バックドアのカバー

バックドアのカバーを取り外すのは、カバーを持って引っ張れば取ることができます。

工具を使用せずに取り外すことも可能です。

バックドアパネルを取り外す際のポイントは、カバーの下側を持って、下側から外すことです。

バックドアのカバーの外し方

パネルは、上側からは外れないので注意してください。

 

外したバックドアのパネル

バックドアのパネル

パネルの周りにいくつかのクリップがついています。

白いクリップが車両にささり、カバーをボディに固定しています。

 

パネルを外した状態のバックドア

バックドア

中央のカプラーはナンバー灯です。

ナンバー灯のカプラー

ナンバー灯の後ろにアクセスできます。
 

<作業の注意点>

パネルを外す時は、少し力がいります。

無理に力をかけ過ぎて、
パネルを破損しないように注意してください。

怪我をしないように注意してください。

必要工具はありませんでした。

 
バックドアのパネルの外し方は、
動画でも撮影していますので、こちらで確認してください。

硬くて外れにくいこともありますが、
パーツの破損や怪我に注意して慎重に作業してください。

ムーブの純正パーツの外し方などは、以下の項目を参考にしてください。
 

<ダイハツ・MOVE(ムーブ)の取付け関連>
⇒ ムーブ(MOVE) L150系のナンバー灯の交換方法
⇒ Aピラーの外し方・取付け方
⇒ Bピラーの外し方
⇒ Aピラーの配線の通し方
⇒ ドアパネル(内張り)の取り外し方法
⇒ 後席ルームランプ
⇒ ルームランプの取り外し
⇒ フォグランプバルブ交換
⇒ エアフィルター交換方法
⇒ サイドウインカー交換方法
⇒ テールランプ交換方法

<トラブル編>
⇒ 給油口が開かない場合
⇒ ルームランプが点灯しない。ヒューズの位置
⇒ ヒューズの位置車内側

 
パーツ取付け、車いじりの参考になればと思います。

DIY作業に挑戦してみるのも面白いかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です