N-WGNのタイヤ交換時にはトルクレンチ!締め付けトルクはどれだけ?

N-WGNのタイヤホイール関連パーツ
 
タイヤ交換時に、持っていた方がいいパーツが「トルクレンチ」
 

トルクレンチは、所定のトルクでねじを締め付けるための作業用工具。
 

特に、自分で交換する方は、あった方がいいトルクレンチです。

トルクレンチは、締め付け不足による緩みや、締め過ぎによる破損や、締め付けの個人差によるバラつきを防ぐために使います。

 
トルクレンチを使用して、力をかけていくと、指定のトルクの所でカチカチと音がして、それ以上トルクがかからないようにしてくれる工具。
 

クルマのホイールのナットにはもちろん、「規定のトルク」というものがあります。
 
ナットは、適当に締めればいい、というのではないので注意して下さい。

 
まず、トルクレンチとは、このような製品です。

<トルクレンチの付属品>
・14/17/19/24mmソケット
・21mm薄口ロングソケット
・エクステンション
・収納ケース

 
【商品仕様】

  • トルク初期設定値:103N・m(10.5kgf・m)
  • トルク対応レンジ:28~210N・m
  • 本体サイズ:長さ46mm×幅45mm×高さ35mm

 
上記のトルクレンチは、トルクを変更できます。
(28~210N・mの間)

 
トルクレンチの価格は、4000円~なので、このようなトルクレンチを1本持っていると楽で、安心できます。
 

N-WGNのホイールの締め付けトルク

 
それでは、ホンダの軽自動車、N-WGNのホイールナットの締め付けトルクはどれくらいでしょう?

N-WGNの、締め付けトルクは、108N・m (11kgf・m)

(取扱説明書に記載)
 

N-WGNのナットソケットは、19ミリになります。

 

トルクレンチの値を108N・m (11kgf・m)に設定して締めつけてください。

 
ただし、トルクレンチを使用しているからといって、思いっきり力をかけると締めすぎになるので注意してください。
 
タイヤを自分で交換される際には、トルクレンチなどでトルク管理をして、しっかり締め付けの確認してください。
 

他の注意点として、純正ホイールと社外品ホイールではナットの形状が違います。

スタッドレスタイヤから夏タイヤなどに交換する際には、ナットにも注意してください。

 
今回は、タイヤ交換時に役立つアイテムと規定トルクを紹介しました。
タイヤ交換時の参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です