N-WGNをオートドアロックにするパーツ。

N-WGNのパーツ

その他のパーツ エヌワゴン

 

今回のパーツは、電装関連で、N-WGNを車速連動のオートドアロックが可能になるアイテムです。

 

走行スピードによって、ドアがロックされるパーツの紹介です。

N-WGNには、集中ドアロックは付いていますが、車速連動のオートドアロックではありません。

 

集中ドアロックは、車の運転席のドアロックスイッチをLOCKあるいはUNLOCKすると、その車の他のドアについているドアロックも、同時に連動して動くシステムのこと。

車内でロックをするには、手動でドアロックスイッチを触りロックする必要があります。

 
小さな子供を乗せる場合は、走行中に誤って子供がドアを開けてしまわいないように、毎回ロック操作をする方が多いかもしれません。
 

毎回、ドアロック操作をするのは大変と感じる方に、ドアロックを車速によって、コントロールすることのできるパーツがあります。

 
そのパーツが、「車速連動 オートドアロックシステム」です。
 

<車速連動 オートドアロックシステムの特徴>

約20km/hでドアを自動でロック
シフトをPにするとドア開錠
緊急アンロック機能

 

緊急アンロック機能は、急減速時、9秒後にアンロックする機能です。

 

※急減速後、車速が0K/mでない場合は、アンロックしません。

 

車速連動オートドアロックシステムは、防犯対策や、同乗者の安全確保などのために装着します。

 

・車速連動 オートドアロックシステム 

株式会社キラメック SCIBORG サイボーグ

ホンダ N-WGN Nワゴン
型式 JH1/2
年式 H25/11-

スマートエントリー付車のみ適合。
 (キーレスエントリー車は適合不可。)

 

※N-WGNの場合、リロック機能は、運転席のみです。

リロック機能は、手動にてドアがアンロックされた場合、車速約20km/hで再度ロックする機能。

 

車速連動 オートドアロックシステム の取付方法

 

取付は、診断コネクター(OBT)に接続します。

 
診断コネクター(OBT)に差し込むだけで、取付は非常に簡単です。
 

装着は、診断コネクター(OBD)のため、他の診断コネクターを使用する機器は接続できません。

また、分岐ハーネスを使って、複数パーツを取付ける場合には注意が必要です。

 

車速連動オートドアロックシステム は、ドアロックの閉め忘れや、防犯効果に期待がもて、自動でロックされるので、高級車のような感覚があります。

 
走行時に自動でロックされる機能を探している方は、このようなパーツを使用するのもいいと思います。

 
最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞ他の記事もお読みください♪

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です