ガラスの撥水パーツのゼロウィンドウとガラコの比較は?

<雨の日にオススメなカーパーツ>

梅雨などの時期にもGOODなアイテムを紹介。

雨の日の視界は重要です。

雨の日の運転は、晴れの日に比べて見にくくなり、特に夜間は、光の反射もあり注意が必要です。

雨の日に役立つのは、撥水系のパーツ。

このような人気の撥水商品があります。

シュアラスターのガラス撥水剤
「ゼロウィンドウ」

洗車後などのキレイなガラスに、
ゼロウィンドウをシュッと吹いて伸ばすだけで撥水効果の高まるパーツです。

この手の商品では、
「ガラコ」は有名ですが、「ゼロウィンドウ」もあります。

ゼロウィンドウは、ガラコのようにそのまま塗って終わりではありませんが、施工が楽でムラにもなりにくく、撥水効果が体感できます。

 

<ゼロウィンドウの使い方>
1.洗車後、ウィンドウガラスの水滴を拭き取ります。
2.スプレーをして液剤を専用クロスで軽く塗り広げます。
(30cm四方に1プッシュ程度)
3.30秒待ってから、専用クロスで拭き上げます。

※フロントウィンドウの場合、半分ずつの施工がおすすめ。

時速40キロぐらいで水滴が飛んでいきます。
(水玉となって飛んでいきます。)

ガラス

使用可能箇所: 自動車ウィンドウガラス
ガラス製ウィンドウに対応(特殊加工や装備を除く)

研磨粒子有無: ノーコンパウンド
内容量: 100ml
使用回数目安: フロントウィンドウ約30枚分

濡れたガラスにも使用可能です。

スプレーして拭くだけ、スパッと水滴を飛ばして視界を確保してくれる商品ですが、
パッケージもさわやかなイメージでスパッと飛んでいくのかと思いましたが、予想よりは飛びませんでした。

個人的には、ガラコは塗るだけなのでガラコが楽だと感じました。

スポンサードリンク

 
ただ、ゼロウィンドウは、拭きとりが必要でひと手間かかりますが、耐久性は高めです。

作業を洗車時にあわせて行うのがいいです。

ゼロウィンドウは撥水効果も高く、梅雨時期などに使えそうです。

車用のガラス撥水商品はいろいろありますので、こちらでチェックしてみてください。

カーパーツ ガラス撥水

今回は、雨の日にオススメなカーパーツを紹介しました。
パーツ選びの参考になればと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です