ホンダ N-WGNのチューニングパーツ

足回りパーツ エヌワゴン

 

今回は、足回り関連パーツです。

スポンサード リンク

 

あなたのN-WGNは、車高落としていますか?

 

ドレスアップの定番は、ローダウン+インチアップですね

 

今回は、ローダウン時のバンプラバーです。

 

バンプラバー

 

まず、バンプラバーとは、
ショックが底突きする際の衝撃を吸収するパーツです。

主にゴムやウレタン製でできており、車種により様々な形状をしています。

フロントとリアについています。

 

純正で装着されているバンプラバーの長さは、
純正の車高に対して設定されています。

このまま、ローダウンスプリングを装着すると、
バンプラバーがバンプタッチ(密着状態)になる場合があります。

 

バンプタッチすると、
ドライビング性能(ブレーキング、コーナリング性能等)と乗り心地が悪くなったりします。

 

エスぺリアでは、
この状態を避けるためにこのようなパーツが出ています。

 

エスペリアスーパーダウンサスラバー【フロント用】

 

N-WGN
【適応詳細】:2WD/NA/G/G・Aパッケージなど
【適応型式】:JH1
【適応年式】:H25/11~
【エンジン型式】:S07A

※他メーカー製スプリングとの組み合わせは、極端に前傾姿勢になったり、
うしろ下がりになったりする等、車高バランスに不具合が生じる場合があります。

エスペリアのN-WGNダウンサス

 

バンプラバーの取付難易度は?

取付難易度 5

純正のバンプラバーを交換します。

フロントは、ショックをばらさないと装着できません。
ダウンサス装着時に行った方が良いです。

交換難易度は高めです。

 

エスペリアダウンサスと同時に装着したいですね♪

 

 

編集後記

本日、街中でN-WGNカスタムの
ホライゾン・ターコイズ・パールを見ました。

日陰で見たせいもあってが、かなり濃い目の色で、
カタログで見るのと雰囲気が違っていました。

落ち着いた感じでした。

このカラーは、光の当たり方で変化があるので、光が当たると、
見た違う雰囲気になりそうですね。

今度は、天気のいい日に見てみたいです♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞ他の記事もお読みください♪