ホンダの軽自動車 N-WGNの車高調

N-WGN 足回り

 

車高調は、

ローダウンをするためのパーツで、ダウンサスとは違い

車高を調整することができます。

 

N-WGN用のHKS車高調が発売されました。

 

スポンサード リンク

車高調

メーカーは、HKS(エッチ・ケー・エス)です。

HKSは、自動車関連部品を開発、販売していて、チューニング系のイメージがあります。

歴史のある会社で、ノウハウもたくさんあります。

最近のチューニングパーツでは、車高調、マフラーも多いです。

 

今回は、HKSの車高調 ハイパーマックスシリーズの Sスタイル C です。

 

ハイパーマックス Sスタイル C 

・型式:JH1
・E/G型式:S07A
・年式:13/11 -

 

ハイパーマックス Sスタイル C の特徴は?

 

ハイパーマックスシリーズ Sスタイルのベーシックモデルです。

全長式の車高調で、ローダウン時の乗り心味も考慮して作られています。

減衰力は固定式です。

 

 

価格帯の近い、バーディクラブの車高調との比較表を作りましたので、

車高調選びの参考にしてください♪

 

商品名 HIPERMAX SstyleC プロスペックダンパ-
調整方式 全長式 全長式
減衰力 固定式 20段調整式
ショック形状 単筒式 単筒式
バネレート(F) 3kgf/mm 5.0kgf/mm
バネレート(R) 2.2kgf/mm 2.0kgf/mm
自由長(F) 250mm 180mm
車高調整範囲(F) -57~0mm -60~0mm
車高調整範囲(R) -64~-33mm -50~-15mm
その他 純正アッパーマウント フロント純正アッパー
価格(税込) 144900円 134400円

 

このようになっています。

 

車両は、N-WGN JH1 FF です。

 

車高調整範囲に関しましては、車両、グレードにより誤差もありますので、

参考程度でお願いします。

 

2つの車高調ですが、どちらもスペックは似ていますが、

HKSは、減衰力固定式です。

フロントのバネレートは、両者を比べると

バネレート(F) 3kgf/mm 5.0kgf/mm

HKSが柔らかいです。

※出荷時バネレート変更も可能です。

 

HKS SスタイルC 車高調は、快適性を重視し、ハンドリングも両立させるセッティングをしていますので、このようなセッティングになっていると思います。

ショックは、
フロント:倒立式
リア:正立式 です。

 

倒立式は、ショックアブソーバーが下向きで設置されています。

十分な強度と単筒式の性能がより発揮できます。

 

両方とも、アッパーマウントは純正を使用しますので、

純正の足回りをばらす必要があります。

 

まだN-WGNの車高調は少ないですが、

性能、価格、使用目的にあわせて商品を選ぶとよいですね♪

 

車高調の詳しい情報はこちら↓

バーディクラブ PRO SPEC DAMPER

ブリッツ DAMPER ZZ-R 車高調

 

車高調の取り付け難易度は?

取付難易度 5

工具や、場所も必要ですし、知識も必要なので、

難易度は高くなっています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞ他の記事もお読みください♪