クルマのタイヤの空気圧が確認できるカー用品。

突然ですが、、、

「現在、あなたのクルマのタイヤに、
空気圧はどれだけ入っていますか?」

 

クルマの空気圧は、
車種やタイヤサイズによっても違いますが、
一般的なのは、210~230kPaぐらいです。

SONY DSC

日頃、空気圧をチェックして、
今の空気圧が把握できていていれば、
メンテナンスがしっかりできている方でしょう。

そういえば、
「ここ半年以上空気圧は確認していないや・・・」

という方は注意が必要かもしれません。

 

タイヤメーカによると、
空気圧点検の目安は、月に1回とのこと。

 

空気圧は忘れがちな存在ですが、
クルマが走行するのにとても重要なものです。

お出かけシーズンには注意が必要です!

 

多いのは、
クルマの高速道路でのトラブル。

そのトラブルでも多いのは、
空気圧不足によるタイヤトラブル

普段、空気圧を確認していなくて、
高速道路を空気圧の少ないまま走って、
タイヤにトラブルが起こるということも多いです。

 

タイヤにとって、
空気圧は非常に重要です。

 

しかし、
空気圧をチェックするのは面倒です。

 

バルブキャップを外して、測定器具をあてて、
空気圧を見るという作業が必要。

器具がないと測れないですし、
ガソリンスタンドもセルフが多いので、
空気圧のチェックをする機会も減っています。

 

でも、
空気圧は時間とともに減少していきますので、
チェックする必要があります。

 

そんな時には、
タイヤの空気圧が簡単に車内からチェックできる製品があります。

装着することで、
車内から目で空気圧を確認できます。

現在、この商品の新しいものが発売されています。

車内で空気圧の確認ができる
「エアモニX」です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

この製品は、空気圧をモニター表示し
空気が少なくなると、レシーバーが点滅、
アラームでお知らせしてくれます。

空気圧が目で確認できるので、
事前にトラブルを回避できます。

しかも、
取り付けが簡単で、
タイヤのバルブキャップを外して、
エアモニXのバルブに交換するだけ。

レシーバーは充電式内蔵バッテリーなので、
キャップの交換だけなので簡単です。

 

空気圧をいつでもリアルタイムで確認できるのは、
安心感がありますので、空気圧の悩みには、
このような商品を活用してみてはいかがでしょうか?

エアモニ X タイヤ空気圧センサー Airmoni X