クルマを運転中に、突然睡魔が襲ってくる・・・

 

そのような経験はないですか?

 

そんな時に、事前に対策してくれる、

驚きのアイテムがあるんです!!

 

スポンサード リンク

 

私は先日、昼食後に次の移動先へと、

高速道路を長距離運転していましたが、

天気もよく、ポカポカしていて、眠気が襲ってきました。

 

時間があったので、サービスエリアで、

休憩しましたが、睡魔は厄介ですね・・・

 

 

実は、私は過去に、

突然の睡魔にやられそうになった経験があります。

 

 

春の昼下がりに、

何の変化もない道をひたすら走行していました。

 

睡眠時間を取れてなくて、

仕事も忙しく、前日の睡眠時間も短かったこともあり、

運転中にウトウトと、、、

 

クルマは、左側によっていき、

気づいたら、もう少しで、

タイヤが道路脇の縁石に接触しそうな状態。

 

 

ハッ!!として、

とっさに、ハンドルで回避できましたが、

気づくのが遅かったら・・・・

 

そう考えると、

ゾ〜ッとします。

 

 

運転中の居眠り事故は、

数多くの件数もあり、大事故になりますので、

注意しなければいけませんね。

 

 

危険な眠気ですが、

もし運転中に、睡魔が襲ってきたときは、

やはり、「仮眠」をとるのが一番です。

 

 

仮眠までいかなくても、

クルマから降りて軽く運動するなどして、

気持ちを切り替えた方がよいですね。

 

我慢して運転するのは、危険です。

 

コーヒーを飲んだり、ガム、飴をなめたりするのは、

眠気覚ましの定番の方法です。

 

他にも、

いろいろな眠気覚ましの方法があります。

 

・窓を開けて空気を入れ替える

・顔を洗う

・眠気冷まし飲料を飲む

・大声で歌う

・会話する

助手席に人が乗っているのであれば、

会話することで眠気は抑えられます。

 

 

一番の対策方法は、

運転前には、十分睡眠を取っておくこと。

 

特に、睡眠不足のときの運転は、

要注意です。

 

ウトウトして、

気づかないうちに、自然と目が閉じてしまっていることもありますから。

 

眠気はいつやってくるか分かりませんから、

一人で長距離運転する方は、突然の眠気には十分注意してください。

 

 

そのような運転中に襲ってくる、

気まぐれな眠気に効果的なアイテムがあります。

 

こちらの商品 ↓

アイキャッチプリクラッシュアラーム

こちらのアイテムは、

居眠り以外に、よそ見運転、わき見運転の事故を未然に防ぐ、

1つの対策として有効な装置です。

 

 

どのような商品かといいますと、、、

 

疲労、眠気などを顔認識、瞳孔検出により検知し、

眠りに落ちる前に大音量で鋭く注意を促してくれる商品。

 

眠りに落ちる前に大音量で鋭く注意を促してくれます。

使用方法

・車の電源部(電源アクセサリー)に、

ヒューズ電源取り出しキット(別売)などを利用し、直接接続します。

・瞳センサーが自動的に顔を認識し監視し始めます。

・運転中、まぶたを閉じたりすると警告アラームが鳴ります。

 

 

人が変わっても…眼鏡やサングラスでも…

昼でも夜でも…どんな天候でも…瞳孔検出可能です。

(瞳センサーの感度は4段階に設定できます)

 

 

一人で運転していると、

眠気に気づくのが遅くなることもありますので、 長距離運転をする方は、

このようなアイテムを使用してみるのもいいかもしれません。

 

クルマの運転は十分注意してください。