今ホンダ N-WGNのドレスアップパーツ

タイヤ&ホイール エヌワゴン

 

今回の記事は、降雪地域の方向けに、

スタッドレスタイヤの話になります。

 

スポンサード リンク

 

スタッドレスタイヤは、冬用のタイヤのことです。

 

スタッドレスタイヤ

 

降雪地域の方は、

冬にはスタッドレスタイヤへ交換する必要があります。

 

降雪地域でなくても、

冬のレジャーをされる方なら必要なのかも知れませんね。

 

 

スタッドレスタイヤは、

積雪路や凍結路などを走行するには、欠かせないとても重要なパーツです。

(スタッドレスタイヤは、冬タイヤと呼ばれることもあります)

 

 

普通のタイヤとの違いを簡単に書いておきます。

 

・普通のタイヤより深い溝になります

・細かい溝がたくさん切られています(サイプとも言います)

・通常のタイヤとは違うゴムを使用しています。

低温でも路面への密着に必要な柔軟さを出すために、ゴムが通常とは違います。

 

 

 

ゴムやパターンは、メーカーによりいろいろな工夫が凝らしてあり、

各メーカーの特徴がありますので、

メーカーごとの簡単な特徴を下記に掲載します。

 

 

スタッドレスタイヤのポイントになる、

ゴムの部分に焦点を当てています

 

 

 

ブリヂストン

 

「アクティブ発泡ゴム」というゴムを使用しています。

タイヤには、たくさんの気泡があり、スポンジのように水を吸い取り、

タイヤと路面の水の膜を除去することでタイヤと路面を密着させます。

また、ゴムが柔らかいもの特徴です。

 

 

 

 

ダンロップ

 

「ナノフィットゴム」を使用しています。

こちらのゴムは、ゴム全体は剛く、接地面だけを柔らかくすることで

剛性を高め設置面積を拡げて、路面と密着させます。

減りにくいというのが謳い文句です。

 

 

 

 

ヨコハマタイヤ

 

「スーパー吸水ゴム」を使用しています。

水膜を吸水バルーンで給水効果を上げ、

エボ吸水ホワイトゲルで密着効果をアップさせています。

 

 

 

 

トーヨータイヤ

 

「NEO吸着ナノゲルゴム」を使用。

親水性のあるゴムで水分を吸収します。

トーヨータイヤは、鬼クルミの殻を配合し

ひっかく効果を上げています。

 

 

 

このように、スタッドレスタイヤでは、ゴムが重要になってきます。

 

氷上で滑る元になるのは、タイヤと路面の水膜です。

この水膜を除去するのが一つのポイントで、

各メーカーが工夫を凝らしています。

 

 

 

私は、過去にいろいろなタイヤを装着しましたが、

中でもおすすめは、ブリヂストンの発泡ゴムです。

 

 

ゴムが柔らかくて、3年ほどたっていても、

固くなりにくく、安定しています。

 

 

 

 

スタッドレスタイヤは、価格もバラバラですが、

とても重要なタイヤなので、価格だけではなく、

使用条件なども考慮して、トータルで判断して下さいね。

 

 

雪道の運転は十分気をつけてください。