ホンダ N-WGNのチューニングパーツ

足回りパーツ エヌワゴン

今回のパーツは、ブレーキ関連のパーツです。

入門のブレーキチューニングといえば、ブレーキパッドがありますが
一歩進んだパーツです。

スポンサード リンク

 

ブレーキラインです。

(プロト スウェッジラインブレーキホース)

 SWAGE-LINE/スウェッジライン
ブレーキホース スチール

N-WGN/JH1
スチールタイプ

 

純正のブレーキホースは、ゴムで膨張率が高いですが、
このパーツを、スウェッジラインブレーキホースにすることでは、
膨張率がさがります

マスターシリンダーからの力をより効率的にキャリパーへ
よりダイレクトなブレーキタッチが可能です。

純正ホースと同じような永久結合(かしめ方式)で、高い信頼性です。

 

ホースエンドが、ステンレスタイプとスチールタイプがあります。

・耐腐食性に優れるステンレス製
・スチール製

 

装着後の変化は?

私も、過去にハチロク、シルビアなどに装着していました。
マスターシリンダストッパーとセットで使用していました。

スポーツ系には、定番のパーツですね

ドレスアップ中心の軽カーとなると、なかなか出が出しにくい部分になりますね。

そこまで目立つ部分でもなく、マニアックなパーツなので・・・

 

軽カーには、装着していないので、
以前のクルマに装着した際の感想です。

まず、人によって体感の差が出ますが、
このパーツを装着しようと思う方は、どっちかというと
クルマへの感度が高い方が多いため、違いを体感できる場合が多いです。

普通に移動手段として使っている奥さんなどは、
ひそかに交換しておいても、気付かないかもしれませんね

装着後は、ブレーキのコントロールが向上します。

かるい踏みこみは、あまり変わりませんが、
ゴムに比べ膨張率がさがっているため、ある程度、踏んだ時の感覚は違います。

交換したから、がっつり効くというパーツではありませんが
ブレーキの中間から奥のコントロールが変わります。

より、ブレーキタッチ、コントロールを求める方に良いパーツです。

N-WGNをよりスポーティに仕上げたい方にはおすすめです。

スポーツ系のホイールに、相性バッチリです。

ホイール周りを覗き込んだ時に、メッシュホースがチラリと主張します

 

SWAGE-LINE/スウェッジライン
ブレーキホース ステンレス

N-WGN/JH1
・ステンレスタイプ

 

ブレーキラインの取付難易度は?

取付難易度 5

ブレーキエア抜きも必要になりますので
しっかりしたところで取り付けてもらうと良いですね

一緒に、ブレーキフルードも、良いものに交換してもいいですね

 

車検は通る?

車検

JIS規格もクリアするなど、高い安全性を確保した保安基準適合品です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞ他の記事もお読みください♪